高校生と制作! ワカモノートのロゴが完成しました!

こんにちは!暑いくらいの晴天ですね。
さて、今日はとても嬉しいお知らせがあります。

高校生と一緒に作ってきた「ワカモノート」のロゴが、完成いたしました!!
私たちワカモノートは、若者の目線を大事にするため高校生や大学生など”若者と一緒に”活動する時間を大切にしています。
団体としてのロゴマークも、高校生と一緒にゼロから考え作りました。

まずはじめは、ワカモノートはどういう団体なのか?ロゴに込めたい想いはどんなものか?など、代表へインタビューするところからスタート。

次に、何度もラフスケッチを描いて試行錯誤。インタビューをした内容をもとに、表現したいことを言語化、可視化の繰り返し。

なかなか思うように手が動かず苦戦する場面もありました。
高校生が描いたアイデアのスケッチにデザイナーが手を加えて作成したロゴは全部で12案。
社員で打ち合わせを重ね、高校生にも意見をもらいながら4つの案に絞り、調整を重ねて最終的に1つのロゴが完成しました。

高校生をと一緒に、時間をかけて会議しました

完成したロゴには、私たちワカモノートと高校生の想いがたくさん込められています。

ワカモノートは、若者(大学生・高校生)と一緒につくる物語をノート(記録)して、自分の街を好きになる活動をする、という趣旨で活動しています。
”若葉”には「若者」「芽生え」といった意味を持たせ、それがノート(記録)していく活動を通してキラキラと輝き、夢や希望に溢れた未来につながることを願い表現しています。

また、”ノート(note)”という単語は、動詞として使われた場合に「気づく」という意味も持ちます。
大人と若者がつながり様々な気づきを得ることで、今まで知らなかった地域の一面や、かっこいい仕事の様子、そして自分自身の「好き」や「やりたい!」という気持ちに出会ってもらいたい。

そんな想いを込めて、このロゴマークが完成しました。

いつかこの芽が大きな花を咲かせる日を楽しみに、高校生や大学生、企業の皆さまと一緒に、「若者が希望を持って未来を描ける社会」を築いていきたいと考えています。
今後も新しいロゴマーク共々、どうぞよろしくお願いいたします!

スタッフ 遠藤